「たろうのお便り」として健康にまつわるお話しを掲載しています。

 

ホーム  > たろうのお便り  > 平成30年11月
サイドメニュー
お問い合せ

風疹、30〜50代男性目立つ

流行拡大、出生児に影響も 抗体検査、無料化へ
・風疹の流行拡大が止まりません。今年に入ってからの患者数は、首都圏を中心に800人に迫っています。
・風疹は話や咳をした際に飛ぶ小さな水滴(飛沫)でうつります。1人の患者から6〜7人にうつります。
・患者の主な症状は発熱、紅斑のほか、耳の後ろや後頭部、首付近のリンパ節の腫れなど。
・妊婦が感染した場合、出生児が目や心臓に異常のある先天性風疹病症候群になる恐れがあります。
妊娠1か月の時なら50%以上、2か月で約35%と、妊娠初期ほど確率が高くなります。
・今年の患者の内訳は、男性が女性をはるかに上回ります。特に目立つのが30代後半〜50代前半。
・国は当初、女性だけをワクチン接種の対象にしていました。56歳6か月未満の女性なら1回は接種を受けているはずです。
・39歳6カ月以上の男性は接種の機会がありませんでした。
・理想的とされる2回の定期接種を受けているのは、現在28歳6か月未満の男女のみです。
・ワクチン接種は、風疹単体なら数千円。
・厚生労働省は2019年度から、妊婦の配偶者かどうかにかかわらず、30〜50代の男性の検査費用を無料にする方針。
(2018年10月6日 日本経済新聞記事から抜粋引用)


口の渇きドライマウス? 3か月以上続くなら病院へ

ストレス・筋力低下・・・要因は複合的
・ドライマウスとは、唾液が減り口の中が乾燥する状態。
・患者は50代以降の女性に特に多くなっています。
・世代を問わず、ドライマウスの原因になるのがストレス。
・医薬品の副作用の一つ「口渇」が原因という例も多くあります。
・いくつかの原因が複合的にかかわって発症します。
・口の渇きが3か月以上続いたら、ドライマウスの治療を手掛ける歯科や口腔外科を受診しましょう。
・「ドライマウス研究会」のホームページには、講習を受けた歯科医師らの都道府県別リストが掲載されています。
・予防には、よく噛んで食べるなど唾液の分泌を増やす習慣が役に立ちます。
・乾燥に気を付けて、保湿を心がけるとよいでしょう。
(2018年10月20日 日本経済新聞記事から抜粋引用)


生きがいが幸せのカギ 人生100年時代の備え

茂木健一郎さんに聞く 趣味など身近なことから
・海外の複数の研究者が、日本人の健康寿命の長さの秘密を探り、たどり着いたのが「生きがい」という言葉でした。
・日本では、どんな立場の人にも尊敬の念と活躍する場に応じた生きがいがありました。欧米とは違った価値観を形成していたのです。
・生きがいとは「生きる喜び」「人生の意味」を指す言葉です。
・生きがいを探すには、もっと身近な小さなこと、極めてプライベートなものに着目することから始めればよいのです。
・人生は地味でもいい。等身大の自分を受け入れればよいのです。
・脳は他人のために何かをすることと、自分のためにすることを、ほぼ同じようにうれしいと感じます。
・他人を喜ばせようと自分が学ぶことは、他人のためになることであり、世の中に貢献することで感謝され、回り回って自分が幸せになるのです。
・学ぶ意欲を維持できる人は、若々しくいられるのです。
・生きがいを味わいながら学び続けることも、幸せに長生きするための一つの方法と言えるでしょう。
(2018年10月22日 日本経済新聞記事から抜粋引用)


骨粗しょう症 適切に対策 早期発見し薬物療法を 

乳製品を積極的に
・骨がもろくなり、骨折しやすくなる骨粗しょう症。
・閉経期以降の女性がかかりやすく、日本の患者数は男女合わせて約1280万人。
・破骨細胞と骨芽細胞という2つの細胞が、絶えず古い骨を壊して(骨吸収)新しい骨を作る(骨形成)という新陳代謝を繰り返しています。
・骨吸収が骨形成を上回ると骨粗しょう症になります。
・骨量のピークは20歳ころ。
・20〜40歳ころまでは骨量はほぼ変わりませんが、その後は男女ともに徐々に減っていきます。
・まず検診で骨密度を測定し、自分の骨の状態を知りましょう。
・骨粗しょう症の予防は、運動や食事など生活習慣の改善が基本。
・骨の主成分であるカルシウムとタンパク質を積極的に摂りましょう。
・糖尿病などの生活習慣病の影響で骨質が劣化し、骨粗しょう症となる中高年男性が増えています。
(2018年10月27日 日本経済新聞記事から抜粋引用)


そうだ、銭湯へ行こう!

寝屋川市萱島 新町温泉
約1か月前にも訪れた京阪電車萱島駅。駅から東?へ青空商店街を約10分ほど歩くとお風呂屋さんがありました。
午後2時からの営業でしたが、早く着きすぎてしまい、15分ほど待ちました。
開店間近になると常連さんが集まってきます。これはどこの銭湯でもおなじみの光景です。少し早めに開けてくれたので良かったです。
台風の被害のためか屋根にシートがかかっていました。
電車でもちらほらとブルーシートを見かけましたが、この辺りも相応に台風21号の被害があったようです。
帰りは同じ道を駅へ。昔はさぞにぎやかだったと思われる商店の並ぶ街並みです。
1軒のお好み焼き屋さんが開いていたので入りました。


守口市大日 新大庭温泉
地下鉄谷町線大日駅から西へ約10分歩くとあるお風呂屋さん。開店が午後3時からで、駅を出たのが30分前。待つのを覚悟で向かいました。
ところが道に迷ってしまい、淀川の河川敷まで行ってしまいました。ようやくたどり着いたころにはお店はオープンしていました。
お風呂から上がってゆっくりしたかったのですが、次のスケジュールのご飯屋さんへ。
幹線道路沿いを歩くのは芸がないので、生活道路へ。食べ物屋さんがありません。
結局、1号線沿いのラーメン屋さんい入りました。
(2018.10.14)


豊中市蛍池 幸福温泉
久しぶりに阪急電車で蛍池へ行きました。考えてみれば駅から街へ出るのは初めてだと思います。
モノレールの線路沿いに10分弱歩くと、迷うことなく着きました。
こちらも午後3時開店で、すでに常連さんが並んでいました。自転車で来る人が多く、近くに銭湯が無くなってしまったようです。
帰りは時間帯が悪く、開いている食べ物屋さんがあまりありませんでした。
また、お好み焼き屋さんに入りましたが、中では店主と常連のお客さんが競馬中継に夢中になっていました。
(2018.10.21)
 


東大阪市布施 第二寿湯
3回目の訪問です。前回は約半年前だったと思いますが、その時は旦那さんが一人で切り盛りしていました。
今回は奥さんが番台に座っていたので、体の加減は良くなったようで良かったです。
帰りは布施の商店街を歩いて、よく行くチェーン店の居酒屋さんへ。
定食をやっている時間帯に滑り込めたので、一品を頼むよりかは安くつきました。
(2018.10.28)